Goproが2日で壊れてから新品と交換してもらうまで

人生

 

こんにちは。ぺぺ子(@pepeko_segirlです。

 

今年の9月頃、インスタ界隈で噂のGoproというカメラを手に入れました。

 

 

2日で壊れました。

 

新品と交換してもらうべく、いい加減な対応をする販売元と戦いました。

 

そんなお話をします。

 

スポンサーリンク

1.ぺぺ子、Goproを手に入れる

 

Goproは、インスタ界隈で人気の小型カメラです。

 

ぺぺ子はインスタグラマーではありません。

 

そのため、いわゆるインスタ映えにはあまり興味がなく、カメラはスマホで充分と思っているタイプの人間でした。

 

しかし。

 

友達と旅行に行った時に、友達がこのGoproを持ってきたんです。

 

Goproはスマホと連携させて、スマホでシャッターを押すことができます。

 

友達は手のひらサイズのGoproとスマホを連携させて、色んな角度からたくみに自撮りをしました。

 

(たま〇っちを連想させる、このサイズ感。)

 

そんな友達を見たぺぺ子。

 

「なんか楽しそう…!」

 

手のひらサイズでかさばらないし、値段はスペックにこだわらなければ3万円とお手頃。

 

「Gopro、ええやん・・・!」

 

 

次に旅行に行くときまでにGoproを手に入れようと決めました。

 

そして夏休み前の2018年9月に、AmazonでGopro HEROを購入!

 

「夏休みの旅行で使いまくるぞ〜」とテンションぶち上げでした。

 

スポンサーリンク

2.Gopro、2日で壊れる

 

いよいよ夏休み。

 

彼氏と南の島に旅行に出かけました。

(しれっとブログ初登場な彼氏。彼氏についてはまた別の記事で紹介しようと思っています)

 

Gopro本体と、「Fusion Grip」という三脚にもなる自撮り棒のようなアクセサリを持っていき、海辺で撮影会。

 

Fusion Gripを装着したGopro

(FusionGripを装着したGopro。自撮り棒にも三脚にもなる優れものです。)

 

FusionGrip-三脚ver

(FusionGrip三脚ver。高さは調節可能で、画像は一番低い時の高さです。)

 

同じくスマホカメラ派だった彼氏も、スマホと連携できる小型カメラに魅了され、はしゃぎにはしゃいだ旅行初日でした。

 

 

一夜明けて旅行2日目。

 

この日はシュノーケリングツアーの予定を入れていました。

 

「Goproは防水対応だから、海の中で写真を撮るぞ〜〜」

 

防水対応と分かれば、とりあえず水中撮影にチャレンジです。

 

念のためビニールのチャック袋に入れ、万全の態勢で水中にGoproを持ち込みました。

 

初めは調子がよく撮れていたのですが、途中から電源がつきにくくなりました。

 

電源がついたかな?と思いきや、液晶に不穏な縞模様が出てきたり。

 

電源をつけたり消したりを繰り返したら、しまいにはうんともすんとも言わなくなりました。

 

「・・・・・・・・・・」

 

 

まだ2日しか使ってないよ!?

 

悔しくて、ネットで見つけたありとあらゆる解決策を試してみたのですが、状況は変わらず。

 

期待とは裏腹に、あっけなくご臨終したGoproでした。

 

スポンサーリンク

3.販売店のカスタマーサポートに電話をするも、対応なし

 

Goproの保証書によると、購入後一年以内であれば修理・交換を無料でやってもらえます。

※使い方に問題がなかった場合に限られます

 

私の場合、どう見ても初期不良だったので、新品と交換してもらうことにしました。

 

Goproは海外製品で、日本ではタジマモーターコーポレーションが代理店となって販売しています。

 

しかし保証書を見ると、修理・交換依頼はタジマモーターコーポレーションではなく、販売元に問い合わせるように書いてありました。

 

Amazonの購買履歴から販売元のカスタマーサービスの電話番号を確認し、いざ電話をかけました。

 

 

(トゥルルルルルルルル・・・・・)

 

 

「はい」

 

 

・・・えっ、カスタマーサービスなのに名乗りなし?

 

「〇社(販売会社名)さんの電話番号で合ってますか?」

 

 

「・・・ダレですか?」

 

 

うそやん!!!

 

 

カタコトの日本語で言われました。

おそらく、相手は中国人です。

 

 

色々つっこみたくなる気持ちを抑えて、冷静にペペ子が何のために電話をしているのかを伝えました。

 

 

「Amazon経由で貴店でGoproを購入したものです。買って2日でGoproが壊れてしまったので、新品と交換していただきたいのですが・・・」

 

 

「・・・ああ、お客様デスカ!」

 

 

むしろ客以外誰からかかってくるのか。

ここは本当にカスタマーサービスか?

 

 

戸惑いながらも、Goproが壊れた経緯と、新品と交換してほしい旨をしっかり伝えました。

 

すると「購買履歴を確認して折り返します」と言われたので、名前と購入日を伝えて電話を切りました。

 

 

(いつまでに折り返してくれるのか聞き忘れた…!)

 

 

 

その後、カスタマーサービスから連絡が来ることはありませんでした。

 

 

カスタマーサービスって何だっけ?

 

 

スポンサーリンク

3.ぺぺ子、販売元責任者に電話する

 

カスタマーサービスセンターが全くカスタマーサービスしてくれず、困惑したぺぺ子。

 

しかし、まだ諦めません。

 

Amazonで商品を購入すると、購入履歴ページで

 

・販売元の責任者の名前

・責任者の電話番号

 

を確認することができます。

 

カスタマーサービスがダメなら、もう責任者に電話するしかない。

 

ということで、責任者宛の番号に電話をかけました。

 

「ハイ、〇〇商事です」

 

カスタマーサービスと同じく中国人ぽいカタコトでしたが、今度は名乗ってもらえました。

 

「かくかくしかじかで、Goproを新品と交換していただきたいのですが」

 

「はい、ダイジョウブですよ!」

 

思いのほか、あっさり新品交換を勝ち取るぺぺ子。

 

しかも、故障品の返送は新品の到着後で良いとのこと。

 

なんだ、やればできるやん。(←誰)

 

交換依頼をしてから2週間ほどで新品が到着し、すっかりご満悦のぺぺ子でした。

 

スポンサーリンク

4.まとめ

 

以上、Goproが2日で壊れてから新品交換を勝ち取るまでのぺぺ子の奮闘記でした。

 

今回得た学びはこちらです。

 

・Amazonで買った商品が原因不明の壊れ方をしたら、遠慮せずに交換を依頼しよう。

(お店によっては返品、交換を受け付けていない場合もあるため、そこは要確認!)

 

・カスタマーサービスに塩対応をされたら責任者に電話しよう。案外あっさり新品と交換してくれるかも!?

 

おまけに、Goproで撮った写真をぜひご覧ください。

 

夏休みに南の島で撮りました。広角カメラならではのダイナミック感です。

 

こちらは夕暮れに撮影しました。フォトジェニックでお気に入りの一枚。

 

Goproは、逆光でこそ力を発揮するのです。

 

 

ラストは、10月に長野の千畳敷カールで撮影した一枚です。

 

思わず「どこのスイスやねん」と口にしてしまうような、壮大な山岳風景でした。

 

行楽シーズンにGoproを持って出かけるのが楽しみです。

 

以上、「Goproが2日で壊れてから新品と交換してもらうまで」でした!

 

 

~おすすめ記事~

新入社員の仕事は、毎日出社すること~社会人一年目のまとめ~

ペペ子の新入社員時代のお話。会社に行くのがつらいという新人さんに向けて書きました。

 

会社に行きたくない社会人に送る、生きることが少し楽になるフレーズ3つ

毎日がしんどかった新入社員時代に支えとなった言葉を紹介しています。

 

コメント