Kindle Unlimitedを無料体験して分かったメリット・デメリット

人生

 

こんにちは。ペペ子(@pepeko_segirl)です。

 

今月のはじめに、かねてから気になっていたKindle Unlimitedの無料体験をやってみました。

 

Kindle Unlimitedは「対象のタイトルであれば定額で読み放題」というサービスで、Amazonが運営しています。

 

無料体験を始めてから2週間が経ち、その間にKindle Unlimitedで15冊の本と3冊の漫画を読みました。

 

無料期間はまだ2週間ほど余っているのですが、メリット・デメリットが分かってきたのでここらで体験レポートを公開します。

 

①Kindle Unlimitedに登録するメリット

②Kindle Unlimitedのデメリット

③無料期間終了後も続けるか?

④Kindle Unlimitedの賢い使い方

⑤Kindle Unlimitedで読めるおすすめの本

 

Kindle Unlimitedに登録しようかどうか迷っている方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

1.Kindle Unlimitedに登録するメリット

 

何冊読んでも月額980円

 

月額制なので、月に何冊読んでも支払う料金は980円です。

 

例えば、現在Kindle Unlimitedの対象となっているローランドさんの名言集。

 

 

こちらは単行本だと1540円、Kindle価格だと1068円なので、なんとこの一冊を読むだけで元が取れてしまいます。

 

読みたいと思っている本が複数Kindle Unlimitedの対象になっている場合は、個別で買うよりもKindle Unlimitedに登録して読んだほうがお得と言えます。

 

ちなみに、Kindle Unlimited対象の本にはこのようなマークがついております。

 

 

読書の習慣がつく

 

これまでは「書店で買ってきた本を気が向いたときに読む」という読書スタイルだったので、本を読むペースは2~3か月に1冊ぐらいでした。

 

しかしKindle Unlimitedの無料体験に登録したら当然「無料のうちにたくさん読みたい!」という心理になるので、次々に新しい本に手を出して1週間で10冊ほど読みました。

 

すると暇な時間には本を読むことが当たり前になり、TwitterなどのSNSを見ることがほとんどなくなりました。

 

Twitterを見ている時間よりも、本を読んでいる時間のほうが圧倒的に楽しいということに気が付いてしまったのです。

 

Twitterのタイムラインは雑多な情報がバラバラに流れてきますが、本は自分が興味のある情報を整理された状態で読むことができるので、そりゃ本を読む時間のほうが満足度が高いわけです。

 

知的好奇心が刺激されてドーパミンがどばどば溢れる感覚は、一度味わうとやみつきになりますね。

 

さらなる知的欲求を満たすため、Kindle Unlimited対象ではない本も、「読みたい」と思ったら買うようになってしまいました。

 

これがKindleストアの狙いなのかもしれません(笑)

 

しかし、読書ほどコスパのいい投資はないと思っているので、お金は喜んで落とします。

 

スポンサーリンク

2.Kindle Unlimitedのデメリット

 

メリットに続き、デメリットと感じた面も説明します。

 

新しい本・人気の本が少ない

 

Kindle Unlimitedのデメリットの1つとして、新しい本や人気の本があまり対象になっていないことが挙げられます。

 

Kindleストアもビジネスをしているので、人気の本を薄利で読ませるようなことはしないというわけです。

 

また、Kindle Unlimited対象の本は、出版社を通さずに個人で出版されている本が多いです。

 

こちらの本を読んで知ったのですが、Kindleは原稿さえ用意すれば、出版社を通さずに個人で出版できてしまうものなんですね。

 

 

個人のビジネスマンが宣伝の手段としてKindle本を出版することが多いようです。

 

個人出版のプラットフォームと化していて、出版社から発売された良書を発見しづらいという印象を受けました。

 

個人出版の本の中にはおもしろい本もありましたが、出版社から出ているものと比べると内容が薄さが目立ってしまう本も多かったです。

 

Kindle Unlimited対象の本の検索が難しい

 

なぜかは分かりませんが、Amazonの検索ページで「Kindle Unlimited対象の本だけを検索したい!」と思っても、できません。

 

Kindle Unlimitedのページを開いて、検索ボックスにキーワードを入れて検索をすると、Kindle Unlimited対象じゃない本も検索結果に出てきてしまいます。

 

「Kindle Unlimited対象」かつ「興味のあるキーワード」で検索をかけたら、Kindle Unlimited対象の本だけが検索結果に出てくれたらいいのですが、そうなっていないのが現状。

 

これはかなり使いづらいと思いました。

 

スポンサーリンク

3.無料期間終了後も続けるか?

 

この記事を執筆している時点で無料期間はあと2週間残っていますが、無料期間中に退会しようと思っています。

 

理由は、シンプルにKindle Unlimitedで読みたい本がなくなったからです。

 

しかし、Kindleで本をダウンロードしてスマホやiPadで読むという習慣が身に着いたので、今後は書店ではなくKindleで本を購入することになると思います。

 

このように「紙の書籍で本を読んでいる人にKindleで本を読む習慣をつけてもらうこと」が、Kindle Unlimitedの真の目的なのかもしれませんね(笑)

 

スポンサーリンク

4.Kindle Unlimitedの賢い使い方

 

実際にKindle Unlimitedを無料体験してみて、このサービスをお得に使う方法を考えました。

 

その方法は以下の3ステップです。

 

①Kindle Unlimitedのサイトから対象の本を確認して、読みたい本をリスト化する

②読みたい本の合計代金が980円を超えたら、Kindle Unlimitedに登録する

③毎月料金が更新される前に①を実施し、読みたい本がなくなったら解約する

 

読みたい本リストを毎月見直すことが肝です。

 

月額課金なので、意識していないと大してサービスを利用しないまま、ずるずると支払を続けることになります。

 

お金がもったいないので、それだけは避けましょう。

 

スポンサーリンク

5.Kindle Unlimitedで読めるおすすめの本

 

最後に、私がKindle Unlimitedで読んで面白いと思った本をご紹介します。

 

『俺か、俺以外か。 ローランドという生き方』

 

著者:ROLAND

先にもちらっと紹介しましたが、現代ホスト界の帝王ことローランドさんの名言集です。

 

ローランドさんの半生や、徹底された美学を知ることができます。

 

刺激を得られるフレーズがたくさんあり、上昇意識の高い人におすすめです。

 

数ある名言の中から、特に好きなフレーズを3つ紹介します。

 

「嫉妬や妬みは、いい男のアクセサリーみたいなもんだろ?」

 

”陰口は言われないに越したことはないけど、それでももし自分の耳に陰口が入ってこようものなら、それはアクセサリーだと思って堂々と身に着けてやればいい”

 

すべてのインフルエンサーに送りたい言葉です。

 

「年齢は、どれだけ生きたかは教えてくれても、どう生きたかは教えてくれないだろ?」

 

「若いくせに・・・」と言ってきた先輩に対して、ローランドさんが放った言葉だそうです。

 

できる人は若くても挑戦をして才能を発揮するし、できない人はいつまで経ってもできない・やろうとしない。そこに年齢の差は関係ないのです。

 

自分が新しい人間関係を築くとき、年齢にとらわれることなく、その人の生き方や考え方を見つめられる人間でありたいと思いました。

 

「ヴェルサイユ宮殿に行ったら、観光じゃなくて内見だと思われないか心配だなあ」

 

フランスに観光に行ったときの一言。

 

読んだ瞬間、声を出して笑いました(笑)

 

天才的なユーモアセンスに脱帽です。

 

『人生が変わるすごい「地理」 【学問】の力で働き方と生き方の【答え】が出る!』

 

 

著者:角田陽一郎(テレビプロデューサー)

 

人類と地理の関係から、生活・働き方・人間関係・社会問題・未来を考察するという本です。

 

私は地理は専門外ですが、「地理から世界を考える」ということを地理オタクの著者から学ぶことができて大変面白かったです。

 

『「あれ、私ななんのために働いているんだっけ?」と思ったら読む 最高の生き方』

著者:ムーギー・キム

 

爆笑・感動・成長できる1冊!

マウンティングゴリラ、フヘイフマンドリル、オラノウータンが大暴れ! 脳科学・哲学・心理学・宗教・霊長類学の真髄が1冊に。
「私、なんのために働いているんだっけ?」と思ったら読む本。「仕事は一流、人生は二流」にならないために――。
生き方・働き方を再考したい30~40代、定年後の充実した生き方を考える50~60代、就活生・転職活動者必読の、根本的な生き方への問いに応える1冊。

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/4046019484?tag=maftracking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1

 

「このまま今の会社で働きつづけていいの?」

「これからどうやって生きていくべき?」

 

このような悩みを抱えていたら、ぜひ読んでいただきたい本です。

 

本書は、脳科学・哲学・心理学・宗教学・霊長類学から「人間の行動原理や価値観」をまとめていることが大きな特徴です。

 

自分の行動原理を見つめなおすことで、他人が描いた人生から脱却し、自分にとっての「価値ある生き方」を真剣に考えるきっかけとなるでしょう。

 

また、作者が並外れたユーモアセンスを持っているため、第一章から楽しく読み進めることができます。

 

第一章では現代ビジネスパーソンの「あるある」を、「会社動物園」に見立ててて描いており、

 

  • マウンティング・ゴリラ
  • フヘイフマンドリル
  • テガラノドン

 

など、「こういう人、いるいる!」と言いたくなる動物がたくさん出てきます。

 

エンターテイメント性が大変高く、読みやすい一冊です。

 

『やれたかも委員会』

 

著者:吉田貴司

 

私がKindle Unlimitedに登録してから、唯一読んだ漫画です(笑)

 

 

ー熱帯夜にみる 断片的な夢みたいな

でも心のタンスのどこにしまえばいいか分からないー

(『やれたかも委員会』第二巻 p32)

 

 

・・・このような、ちょっと切なくてちょっと甘酸っぱい「やれたかも」エピソードを、1話完結型でお送りする漫画です。

 

タイトルだけ見ると少し下品なストーリーを想像してしまいますが、いざ読んでみたら意外と文学的。

 

エレガントなセリフで語られる数々の「やれたかも」に魅了されてしまいました。

 

SNS発の漫画だそうで、出版社を通さないコンテンツビジネスの可能性を大いに感じました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

以上、Kindle Unlimitedを無料体験してみた感想をお送りしました。

 

初回は30日間無料で体験できるので、気になる本や漫画がKindle Unlimitedの対象になっていたら、試しに登録してみてはいかがでしょうか。

 

Kindle Unlimitedを無料で体験する

 

個人的には読書習慣がついたという点で、Kindle Unlimitedに登録してよかったなと思いました(笑)

 

それでは。

 

2020.3.27 追記

 

Kindleによって出版が民主化されたという話を書きました。

 

 

 

コメント